利用規約
札幌市都心版データプラットフォームに係るデータ取得及び提供に関する利用規約

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、札幌市都心版データプラットフォーム活用コンソーシアム(以下「当コンソーシアム」という。)が提供する「札幌市都心版データプラットフォーム」とそのアプリケーション「さつチカ」が提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)のご利用の条件を定めるものです。 本サービスをご利用いただくには、本利用規約を全てお読みの上、ご同意いただいた上でお申込みいただく必要があります。

第1条(サービス内容)
  1. 本サービスは、お客様の同意のもと本サービスへ登録することで、お客様が利用したい関連サービス(第2条第4号で定義します。以下本条において同じ。)とID連携(第2条第1号で定義します。以下本条において同じ。)し、関連サービスが提供する全部又は一部のサービスを受けることができるというものです。
  2. お客様が未成年である場合には、親権者等の法定代理人の同意を得て本サービスを利用するものとします。
  3. お客様は、ID連携を希望した関連サービスに対し、当コンソーシアムの本サービスから関連サービスが利用開始時に必要となるお客様情報を送信することにより、関連サービスの新規登録をより簡単に行うことができます。さらに関連サービスによっては、本サービスのIDとパスワードで関連サービスのログイン機能として利用することができます。
  4. お客様は本サービス上で関連サービスへの連携状況を確認することが出来ます。
  5. お客様が本サービスに登録した情報を変更した場合、ID連携済みの関連サービスにその通知がされます。 関連サービスごとに情報更新のタイミングは異なりますので、必要に応じご自身でご確認ください。
  6. お客様がID連携済みの関連サービスを利用した場合、その利用情報やお客様の情報を連携することで、それらの情報に基づき、お客様の志向に合ったお得情報を受け取ること及び札幌市都心部における防災支援情報などまちを安全快適に過ごすための情報を受け取ることができます。
  7. お客様の最終ログインから3年以上経過した場合には、お客様が当コンソーシアムを退会したものとみなし、アカウントが停止、削除される場合がありますのでご注意ください。
第2条(定義)

本利用規約において以下の用語は、特段の定義がある場合を除き、それぞれ以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「ID連携」とは、お客様が本サービスを介し、関連サービスを利用するために必要なユニークID(第7号に定めるものを意味する。)及びお客様情報などを共有することを意味します。
  2. 「ID連携解除」とは、お客様が関連サービスとの連携を終了することを意味します。その後は、ユニークIDやお客様の情報などの共有はされません。
  3. 「お客様」とは、本サービスを利用するために必要な情報を登録した個人を意味します。
  4. 「関連サービス」とは、本サービスとID連携が可能な各サービスを意味します。
  5. 「サービスコンテンツ」とは、本サービスを通じてアクセスすることのできる文章、音声、音楽、画像、動画、プログラムその他の情報をいいます。
  6. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)を意味します。
  7. 「ユニークID」とは、お客様ごとに発行されるランダムな文字列を意味します。
第3条(本利用規約の適用および変更)
  1. 本利用規約の適用

    本利用規約は、お客様と当コンソーシアムとの間で本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。お客様は、本利用規約の定めに従って本サービスをご利用ください。

  2. 本利用規約の一部を構成する文書の適用

    本利用規約とは別に、本サービスに関わるガイドライン、ポリシー、規約などの名称で当コンソーシアムがウェブサイト上に掲示またはお客様に配布する文書がある場合、お客様は、それらを本利用規約の一部を構成するものとして、それらの内容も遵守しなければなりません。なお、それらのものと本利用規約が矛盾抵触する場合には、更新日時が最も新しい本サービスに関わるガイドライン、ポリシー、規約などの名称で当コンソーシアムがウェブサイト上に掲示またはお客様に配布する文書が優先します。

  3. 利用規約の変更

    当コンソーシアムは、必要に応じ、本利用規約を変更できるものとします。 当コンソーシアムは、本利用規約を変更する場合には、お客様に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の変更を行います。なお、変更に同意いただけない場合には、受領後、本サービスを利用することなく本サービスから退会しなければならず、本利用規約の変更の通知後30日以内にかかる対応を行わない場合又はかかる通知受領後に本サービスを利用した場合には、かかる本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第4条(お客様情報登録・管理・削除等)
  1. お客様登録

    お客様が本サービスを利用するには、本利用規約の内容に同意し、本サービスを利用するご本人が当コンソーシアム指定の方法により、当コンソーシアム指定の情報を登録する必要があります(以下、その後の修正を含め「登録情報」という。)。 当コンソーシアムは、お客様の本サービス申し込みを審査の上、ユニークIDを発行します。

  2. 登録した情報の修正

    お客様は、登録情報に誤りまたは変更がある場合には最新かつ正確となるよう、当コンソーシアム指定の方法により修正しなければなりません。かかる対応を行わなかったことによって生じる不利益は全てお客様に負担していただきます。

  3. メールアドレス・パスワード等の管理

    お客様は、本サービスに登録したメールアドレスおよびお客様パスワード等(以下「メールアドレス・パスワード等」といいます。)を不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。 お客様は、メールアドレス・パスワード等が第三者に使用されたり盗まれたりしていることなど第三者による利用が判明した場合には、直ちにその旨を当コンソーシアムに通知するとともに、当コンソーシアムからの指示に従うものとします。 当コンソーシアムは、メールアドレス・パスワード等を利用して行われた一切の行為について、お客様ご本人の行為とみなすことができるものとします。

  4. ユニークIDの譲渡禁止

    本サービスのユニークIDは、お客様以外の第三者に譲渡、貸与、名義変更、売買または相続等させることはできません。

  5. お客様によるサービスの退会

    お客様は、当コンソーシアム所定の方法により、いつでも本サービスを退会し、利用をやめることができます。 退会のタイミングで、お客様の情報のうち当該お客様個人を識別できる情報は、全て削除されます。

    なお、本サービスを退会後も、本サービスの提供を受けるために必要な、コンピュータ、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等(以下、「利用端末等」という。)内に、サービス提供のためのアプリケーションがインストールされている場合は、当該アプリケーションを完全に削除するまで、アプリケーションの機能の全部又は一部については引き続き利用できますが、その場合でも特定の個人を識別できる情報の取り扱いは行われず、それによる制約を受けます。

    上記の場合に限らず、当コンソーシアムは、お客様から御自身を識別できる登録情報について、削除することを要求された場合は、直ちに別途契約を締結している関連サービス会社に当該要求事実を通知し、削除要請を行います。なお、お客様ご自身を識別できる登録情報が登録されない状況になったことにより、お客様の利用に関し制約を受ける場合があります。

  6. 当コンソーシアムによるお客様アカウントの停止・削除

    当コンソーシアムは、お客様が以下の各号のいずれかに該当する場合は、事前に通知・催告することなく、当該お客様の本サービスの利用を一時的に停止し、またはお客様アカウントの削除をすることができるものとします。

    1. 本利用規約(これに関連するガイドライン等を含む。)に違反したと当コンソーシアムが判断した場合
    2. 登録した情報の全部または一部につき虚偽その他の事実と異なるものがある場合
    3. 本サービスの利用に関し公序良俗に違反する又は第三者に不快感を与える行為を行った場合
    4. 本サービス又は関連サービスの全部または一部の利用料金について支払停止もしくはまたは支払不能となった場合
    5. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、反社会的勢力、その他これに準ずるものをいいます。)であると当コンソーシアムが判断した場合、または資金提供などを通じて反社会的勢力等の維持、運営または経営に協力または関与する等反社会的勢力等と何らかの交流・関与を行っていると当コンソーシアムが判断した場合
    6. 過去に本項の適用を受けたことがある場合
    7. その他当コンソーシアムが適当でないと判断した場合
  7. お客様アカウント削除の効果

    理由の如何を問わず、本サービスのお客様アカウントが削除された時点でお客様は本サービス及びID連携済みの関連サービスを利用することができなくなります。お客様が誤って退会をした場合も、お客様アカウントの復旧はできませんので、本サービスを再度利用する場合には、あらためて登録を行っていただきます。これによって生じる不利益は、当コンソーシアムが特段の措置を講じる場合を除き、全てお客様に負担していただきます。

第5条(お客様に関する情報の取扱いと関連サービスの利用)
  1. お客様に関する情報

    当コンソーシアムは、本利用規約(これに関するガイドライン等を含む。)の定めのほか、関係法令(「個人情報の保護に関する法律について」の経済産業分野を対象とするガイドラインを含む。)に従って、登録情報および履歴情報(第3項に定めるものをいいます。)を取り扱います。

  2. 登録情報

    お客様は、本サービスの利用に際し、以下の情報(以下総称して「登録情報」といいます。)をご登録いただく必要があります。

    1. パスワード
    2. メールアドレス
    3. 性別
    4. 生年月日
    5. 使用言語

    また、以下の情報について任意での登録をお願いいたします。

    1. 氏名
    2. 住所
    3. 国籍(地域)
    4. 興味ある項目
    5. その他当コンソーシアムが定める入力フォームにお客様が入力する情報
  3. 履歴情報

    当コンソーシアムは、本サービスの提供に際し、以下の情報(以下総称して「履歴情報」といいます。)を収集する場合があります。

    1. ログイン履歴
    2. 本サービスのご利用情報(閲覧履歴や使用時の位置情報など)
    3. 関連サービスのご利用情報(当コンソーシアム設置のビーコンによる位置情報)
    4. 関連サービスとのID連携に関する履歴
  4. 情報の利用目的

    登録情報および履歴情報は、以下の目的のために利用します。

    1. 本サービスのご提供、維持及び改善
    2. アプリ状況情報の活用

      本コンソーシアムは、さつチカの安定性向上のために、アプリの起動やクラッシュ、復元等に関する情報(以下「アプリ状況情報」といいます)を収集することがあります。 当コンソーシアムは、さつチカのアプリ状況情報を解析しさつチカを改善する目的以外で収集したお客様のアプリ状況情報を利用しません。また、当コンソーシアムはアプリ状況情報を、第三者が利用者を特定可能な個人情報として第三者に提供いたしません。 当コンソーシアムはこれらの目的を達成するために限り、アメリカ合衆国の Microsoft Corporation が運営するクラウドサービス「Microsoft Azure」サービスの一つである、情報収集モジュール「HockeyApp」に対して、アプリ状況情報を送信します。 取得される情報又は取得された情報の利用目的等については、情報収集モジュール提供会社が提供しているプライバシーポリシーをご確認ください。 (https://privacy.microsoft.com/en-us/PrivacyStatement)

    3. 本サービスに関するご案内、お問い合わせなどへの対応のため
    4. 札幌市都心部における防災支援などまちを安全快適に過ごしていただくため
    5. お客様ご本人の認証
    6. お問い合わせの返信、通知等お客様へのご連絡
    7. 本利用規約その他当コンソーシアムの規約等に違反する行為に対する対応
    8. 関連サービスへの登録補助
    9. 関連サービスにおける認証
    10. 個人を識別できない形式に加工した匿名加工情報の作成および利用

      なお、本コンソーシアムは、札幌の都心まちづくりに活用するため、この匿名加工情報を札幌市へ提供します

    11. 個人を識別できない形式に加工した統計データの作成および利用
    12. 上記の利用目的に付随する目的のための利用
  5. 個人情報からの除外の確認

    当コンソーシアムが、お客様から取得した登録情報および履歴情報を加工し、個人を識別できない状態になった場合には、当コンソーシアムのみが権利を有する情報となるものとし、お客様はかかる情報に関し一切の権利を主張することができません。

第6条(第三者提供)
  1. 当コンソーシアムは、次のいずれかに該当する場合には、登録情報および履歴情報を第三者(日本国内に本店所在地又は主たる事務所を置く個人又は法人及び日本国外に本店所在地又は主たる事務所を置く者(法人又はこれに準ずる組織を含む。)を含む。)に提供することがあります。なお、お客様(日本国外に本籍地を有する者を含む。)はあらかじめかかるお客様情報の第三者への提供に同意の上で本サービスを利用するものとします。特に、日本国外に本籍地を有するお客様又は日本国外の者が製造した機器を利用して本サービスを利用するお客様は、本条に基づく提供が、当該お客様にとっての情報の国外移転に該当する可能性があることを十分認識した上で、同意していただく必要があります。
    1. お客様が関連サービスとのID連携を許諾した場合における関連サービスへの提供(お客様の登録情報を、本コンソーシアムが提供するAPIによってID連携を許諾した関連サービスへ提供します。また、お客様の履歴情報のうち位置情報について、当コンソーシアムが提供するAPIによって関連サービスより当コンソーシアムへ、提供を受けます。)
    2. お客様の同意がある場合
    3. 当コンソーシアムが利用目的の達成に必要な範囲内においてお客様に関する情報の取扱いの全部または一部を委託する場合

      ※なお、当コンソーシアムが利用目的の達成に必要な範囲内においてお客様に関する情報の取扱いの全部または一部を委託する場合には、守秘義務契約を締結したうえで委託します。

  2. 当コンソーシアムは、以下に該当する場合はお客様の事前の同意なく登録情報及び履歴情報を提供する場合があります。
    1. 人の生命、身体または財産の保護のために必要があり、お客様ご本人の同意を得ることが困難な場合
    2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であり、お客様ご本人の同意を得ることが困難である場合
    3. 当コンソーシアムが札幌市の承認を得て事業の全部または一部を第三者に譲渡する場合
    4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    5. その他の個人情報保護法その他の法令に基づき開示することが認められる場合
第7条(ID連携)
  1. ID連携

    お客様の同意後に関連サービスとID連携する場合、下記の連携が行われます。

    1. 登録時の入力補助のため、本サービスと関連サービス間での登録情報の連携
    2. お客様を認証するため、関連サービスから本サービスを利用したお客様認証 (なお、本サービスから関連サービスにお客様のパスワードを渡すことはございません)
    3. お客様への関連サービス提供のため、お客様が許諾した範囲内でお客様の登録情報及び履歴情報の連携。
    4. お客様の情報の更新や退会時などの通知
  2. 関連サービスの利用

    お客様は関連サービスにID連携する場合、当該関連サービスの登録前に関連サービスの利用規約に同意しなければ当該関連サービスに登録、利用することはできません。 また、お客様は、当該関連サービス利用開始後は関連サービスの利用規約を遵守する必要があり、仮にそれが遵守できず関連サービスの利用を停止等されても当コンソーシアム及び本サービスはその対応に関与せず、当コンソーシアムは一切の責任を負わないものとします。

  3. ID連携解除

    お客様が本サービス上で関連サービスとのID連携解除を行った際には、それ以降のID連携は行われません。 お客様はあらかじめ同意の上でID連携解除を行うものとします。

第8条(個人情報の開示等)

個人情報保護法またはその関連法令に基づく利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、利用の停止、消去、または第三者への情報提供の停止を求める場合には、当コンソーシアム所定のお問い合わせフォームからご請求ください。

第9条(禁止行為)

お客様は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為またはその恐れがある行為をしてはなりません。 当コンソーシアムは、お客様による行為が以下の各号のいずれかに該当し、またはその恐れがあると判断した場合には、お客様に事前に通知することなく、お客様の登録情報及び履歴情報の全部または一部を削除することができるものとします。

  1. 本利用規約その他の当コンソーシアムとの合意に違反する行為
  2. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または拘束力のある行政上の措置に違反する行為
  3. 犯罪行為に関連する行為または公序良俗に反する行為
  4. 当コンソーシアムまたは第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー権、その他の法令上または契約上の権利または利益を侵害する行為
  5. 当コンソーシアムが所属する業界団体の内部規則に違反する行為
  6. 猥褻な情報または青少年に有害な情報を送信する行為
  7. 異性交際に関する情報を送信する行為
  8. コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
  9. 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為
  10. 当コンソーシアムが定める一定のデータ容量以上のデータを本サービスを通じて送信する行為
  11. 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  12. その他の当コンソーシアムが不適切と判断する行為
第10条(本サービスの停止・変更・終了等)
  1. 本サービスの停止

    当コンソーシアムは、以下のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に告知することなく、本サービスの全部または一部を停止することができるものとします。

    1. 本サービスに関する機器などの点検または保守作業を行う場合
    2. 本サービスに関する機器、通信回線等が事故などにより停止した場合
    3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    4. その他当コンソーシアムが必要と判断する場合
  2. 本サービスの変更

    当コンソーシアムは、当コンソーシアムが必要と判断する場合、30日前にお客様に通知することで、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更することができるものとします。

  3. 本サービスの終了

    当コンソーシアムは、当コンソーシアムの都合により、本サービスの提供を終了することができます。 この場合、当コンソーシアムはお客様に本サービスの提供を終了する30日前までに通知するものとします。

第11条(サービスコンテンツおよび知的財産権等の帰属等)
  1. 本サービス等の知的財産権

    本サービス及びサービスコンテンツに関する知的財産権その他の権利はすべて当コンソーシアム(または当コンソーシアムに使用許諾している者)に帰属しており、本利用規約に基づく本サービスの利用の許諾は、本利用規約に定める範囲に限り、本サービスに関する当コンソーシアム(または当コンソーシアムに使用許諾している者)の知的財産権の使用許諾を意味するものであって、それ以上の使用を認めるものではありません。

  2. お客様による利用

    当コンソーシアムは、当コンソーシアムが提供するサービスコンテンツについて、お客様に対し、本サービスの利用を唯一の目的とする、譲渡および再許諾不可能な非独占的利用権を付与します。

  3. 広告の掲載

    当コンソーシアムは、本サービスを提供するサイト上に当コンソーシアムまたは第三者の広告を掲載することができるものとします。

第12条(本サービスの利用およびお客様の責任)
  1. 必要な機器の準備等

    本サービスの提供を受けるために必要な、コンピュータ、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等は、お客様の費用と責任において準備し維持するものとします。 当コンソーシアムは、本サービスがあらゆる機器等に適合することを保証するものではありません。 お客様は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏えいの防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

  2. 自己の責任による利用

    お客様は、自らの責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

  3. 第三者との紛争

    本サービスに関連してお客様と第三者との間において生じた紛争等については、お客様の責任において解決するものとし、当コンソーシアムはかかる事項について一切責任を負いません。

  4. 損害賠償責任

    お客様は、本サービスを利用したことに関連して、当コンソーシアムが直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合(当コンソーシアムがお客様の利用を原因とする請求などを第三者より受けた場合を含みます。)、当コンソーシアムの請求に従って直ちにこれを補償するものとします。

第13条(無保証および当コンソーシアムの責任の範囲)
  1. 無保証

    当コンソーシアムは、本サービスが提供するID連携機能や情報配信機能などにおいて、最新かつ正確な情報や機能提供に注意を払っておりますが、内容の正確性、信頼性、適法性、特定目的への適合性その他の一切の事項について、いかなる保証も行うものではありません。さらにお客様が当コンソーシアムから直接的または間接的に本サービスまたは他のユーザーに関する情報を得た場合であっても、当コンソーシアムはお客様に対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。 お客様は、本サービスを利用することが、お客様に適用のある法令、業界団体の内部規則などに違反するか否かを自己の責任と費用にもとづいて調査するものとし、当コンソーシアムはお客様による本サービスの利用が、お客様に適用のある法令、業界団体内部規則などに適合することを何ら保証するものではありません。

  2. 当コンソーシアムの責任の範囲

    当コンソーシアムは、第4条および第6条、第7条その他の規定に基づき当コンソーシアムが行った行為及び本サービスの利用によってお客様が被った損害について、当コンソーシアムが書面によって明示する場合を除き、賠償する責任を一切負わないものとします。 また、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が不可能ないし困難な場合や、当コンソーシアムからの通知・連絡が不着であったり遅延したりといったことによって生じる損害について、当コンソーシアムは責任を負いません。

第14条(消費者契約法に基づく修正)

当コンソーシアムとお客様との利用契約が消費者契約法第2条第3項に定める消費者契約に該当する場合であって、かつ、本規約のうち、当コンソーシアムの損害賠償責任の全部又は一部免責する規定が適用されない場合、当コンソーシアムは、当コンソーシアムの債務不履行若しくは不法行為又は瑕疵担保責任に基づくお客様の損害について、損害の事由が生じた時点から過去に遡って1年の期間にお客様から現実に受領した本サービスの利用料金の総額を上限として、損害賠償責任を負うものとします。

第15条(一般条項)
  1. 通知
    1. 本サービスに関する当コンソーシアムからお客様への通知・連絡は、当コンソーシアムが運営するウェブサイト内の適宜の場所への掲示その他、当コンソーシアムが適当と判断する方法により行うものとします。
    2. 本サービスに関するお客様から当コンソーシアムへの通知・連絡は、当コンソーシアムが運営するウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または当コンソーシアムが指定する方法により行うものとします。 お客様より通知・連絡があった場合、当コンソーシアムは、当コンソーシアム所定の方法により、お客様の本人確認を行うことができるものとします。 また、お客様からの通知・連絡に対する回答方法については、その都度当コンソーシアムが最適と考える方法により回答することができるものとし、その回答方法をお客様が指定することはできないものとします。
    3. 当コンソーシアムは、お客様が登録された連絡先に対して通知を行うことによって通知を行ったものとみなすことができるものとします。
  2. 分離可能性

    本利用規約のいずれかの条項またはその一部が消費者契約法その他の法令などにより無効と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規程および一部が無効と判断された規程の残りの部分は、継続して有効に存続し、当該無効とされた条項またはその一部を、有効とするために必要な範囲で修正し、最大限、当該無効とされた条項またはその一部の趣旨および法律的経済的に同等の効果が確保されるよう解釈されるものとします。

  3. 定めのない事項等

    本利用規約に定めのない事項または本利用規約の解釈に疑義が生じた場合には、信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

  4. 言語、準拠法および裁判管轄

    本利用規約は、日本語のみを有効とし、他の言語で作成されたものは参考情報に過ぎず、本利用規約の解釈に何らかの影響を与えないものとします。 準拠法は日本法とします。 本利用規約または本サービスに起因しまたは関連する一切の紛争においては、札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(2017年10月10日制定)

(2018年10月5日改定)